ずずの読書な日々
 
主に読書日記です
 



2007年10月を表示

ピンクのチョコレート

 林真理子(角川文庫)

芸能界にデビューして、突然人気者になった男の子を恋人にもち、
彼との、長年連れ添った夫婦のような関係に疑問をもちながらも
なかなか離れられない女の子。

田舎から上京してサエなかったのに、実業家の男性に見込まれて
魅力的な女にはなれたけど、彼の仕事が危うくなり、また元の生活に
戻るのかと思いきや、別の「世話してくれる」男の人を紹介すると
言われ、拒めない女の子。

そんな、平々凡々に生きられない女の子達の短編集です。

最後の「勤め人のいえ」にでてくる妻の立場、夫の立場の心理描写も
すごくリアルで楽しめました。

====================

最近運動不足なので、久しぶりに散歩してきました。
そのついでに行きつけの珈琲店に寄って、ママに、近頃太ってきたのは
身体のどこかが悪いのだろうか、などと話したのですが、

ある程度子育ても楽になってきて、ストレスが減ったから、
むしろ健康体になってきたのではないか、と言われました。

そう言われてみると、この春に長男の高校受験がすんで、
ひとつのハードルを乗り越えたわけで、
自分ではあまり意識していなかったけど、結構ストレスかかえて
いたのかもしれないな、と思いました。

ここのところ体調がイマイチで、気分もすぐれなかったのですが、
「健康体」という言葉を耳にした途端、元気がでてきたのでした。

単純バカです。相変わらず。

てか、その珈琲店に行くと、いつも元気をもらえます。

お店の方々に感謝!感謝!



10月30日(火)16:20 | トラックバック(0) | コメント(0) | 趣味 | 管理

体重計の悲劇

自慢するわけではありませんが、私は生まれてこのかた、
太っていたことありません。

虚弱体質だし少食だし、好き嫌いも多いので、このまま一生
太ることはないのだと思っていました。

だけどこの春頃から、体質が変わったのか何故か急激に太り出し、
家族からも「デブ」と言われるようになりました。

まあそれでも元々やせていたわけだし、これで標準体重くらいに
なったから別にいいや、などと呑気にかまえていたのですが。。。

今日、何気なく体重計に乗ったら、その横を世帯主が通り過ぎる時に
涼しい顔で

「その体重計、2kg少なく表示されるから。」と言うではありませんか!

「ちょっと!それ、どういうこと!」と問い詰めると、

職場の健康診断の時に体重を量ったら、家で量った時より2kg多かった
ことがあり、健康診断で使う体重計の方が正確だから、家の体重計は
少なく表示されることがわかったのだと言うのです。

けれど世帯主は今までこんな手で何度も私をペテンにかけてきたので、
今回も嘘をついているのだろうと、学校から帰ってきた長男に話をすると

「そういえば、僕も学校で量った時、家のより2kg多かったよ。」


て、ことは。。。
て、ことは。。。

かつて妊娠中だった時・・・しかも臨月の時と体重がかわらないワケで。。。



ウシ柄のオーバーオールが似合う日は近いぞ!

すでに似合ってたりして。。。



10月29日(月)20:57 | トラックバック(0) | コメント(0) | 美容・コスメ | 管理

ノスタルジア

 小池真理子(講談社文庫)

かつて父親の友人であった妻子ある男、仙波雅之と恋に陥ちて、
彼の死後15年間、ひとりでひっそりと暮らしていた平野繭子のもとに、
雅之の息子だと名乗る仙波俊之が訪ねてきます。

雅之に瓜二つの俊之をみて、繭子は今まで封印してきた15年前の気持ちを蘇らせ、
俊之に会う度に彼に惹かれていくのです。

しかし繭子が雅之の愛人であった頃から仙波家の人間を快く思っていない
姉の千春は、俊之の身辺を調べ、事実をありのまま繭子に伝えるのですが、
それはあまりにも信じがたい内容だったのです。


ミステリー作家が書く恋愛小説だけあって、謎めいた小説の世界に
どんどん惹き込まれていきます。

いくつも伏線が張り巡らされているので、結末はだいたい予想が
つくのですが、
ラストシーンの描写が実に綺麗で巧くて、読み終わったあとも、しばらく
その世界から抜け出せなくてボ~ッとしてしまいました。

====================

今日は世帯主が朝からツーリングに出掛けて不在で、
長男は珍しく部活がなくて、珍しく何も予定がないと言うので(笑)
お昼は息子達と私の三人でセルフサービスのうどんの店に行きました。

お店の壁に「季節限定!きのこうどん」などというチラシが貼ってあったので
きのこ好きな私はそれを食べたのですが、ラストの一口に違和感が。。。

鶏肉でした。。。。。

鶏肉だとわかった時点で、よく噛まずに急いで飲み込みました。

最近、鶏肉にたたられてます。



10月28日(日)16:29 | トラックバック(0) | コメント(2) | 趣味 | 管理

う○こな人々

先日、ちょっと体調が良くなったからと油断して出掛けてしまったのが
たたって、
昨日は偏頭痛もひどくなって、寝てばかりいました。

こんな時、掃除や洗濯は省略できるのですが、食べることだけは
省略できません。

夕方、朦朧とした意識の中で、スーパーに買い物に行き、
どうにか夕御飯を作って、

食べ終わったら寝よう。。。
食べ終わったら寝よう。。。

と思いながら夕御飯を食べていたら

長男が、最近体調が悪くて、今日もお昼休みに保健室で寝ていた、とか
学校にいる変な霊にとりつかれた、とか、わけのわからないことを言うので
事情を聞いてみたら、

クラスの環境が劣悪で、服装が乱れていて、掃除をさぼったり、
授業中に悪ふざけをする人々が多くて、そんな中で勉強しているのが
ほとほとイヤになって、気分が悪くなった、と言うのです。


どんな学校や社会にも、アホでク○みたいな連中はいます。
そんな連中をかわしながら、どうにか自分のペースを守っていくのも
勉強のひとつだと思うのです。

そして、無意味でアホで○ソのように思っていた日々も、
いつかは、自分には必要な日々だった、と思える時がくるはずなのです。

そんなことを話そうと思ったのですが、なんせ偏頭痛で意識が朦朧と
していたので、うまく頭の中がまとまらなくて、
やっと言えたことが

「そんな連中は、う○こだと思って無視しなさい。」





何もしゃべらずに寝てればよかった。



10月26日(金)10:31 | トラックバック(0) | コメント(3) | 社会 | 管理

やっと、

どうにか、体調が良くなってきました。
やれやれ。

体調が悪い時は寝てばかりいます。
夜は爆睡してしまうので、夢はみないのですが、
昼寝する時は、何故か夢をみます。

それも、くだらない夢ばかりです。

ウチの長男は普段、黒縁のメガネをかけているのですが、
いつもかけっぱなしなので、元がどういう顔だったのか、
親の私でも忘れてしまいます(笑)

そんなワケで、ある日、メガネをはずしたら、なんと!

小栗旬にそっくりだったのです!

おお!長男よ!不細工だ、不細工だ、と思ってたけど、いつのまにか
イケメンに成長したのね!

と、喜んだのはいいけれど、

それは「夢」なワケです。

目が覚めたら「なんだ、夢だったのか。」とがっかりするワケです。

がっかりしてフテ寝してしまいます。

すると、またろくでもない夢をみます。

悪循環です。

てか、寝てばかりいるな~!(←陰の声)



10月24日(水)09:52 | トラックバック(0) | コメント(0) | 趣味 | 管理


(1/4ページ)
>1< 2 3 4 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 恋活 | 家電バーゲン