ずずの読書な日々
 
主に読書日記です
 



2013年3月を表示

「とんび」

   重松清(角川文庫)

息子のアキラが5歳の時、最愛の妻、美佐子が亡くなり、男手ひとつで
アキラを育てることになったヤス。
周りがあきれるくらい不器用で照れ屋だけど、近所の人達や
同じ職場の人達は、純粋でまっすぐな生き方をしてるヤスが好きで
何かと手助けをしてくれます。
そんなヤスとアキラの物語です。

今やってるドラマを観て(タケルちゃんが出てるし)原作が読みたくなりました。
元々重松清の小説は好きだし、家族愛を書かせたら、やはりピカ一だと思いました。

ドラマも泣けるけど、原作も泣けます。

家族間の関わり方ももちろん大事だけど、この話にでてくるような
ご近所さんや、同じ職場の人達との関わり方もすごく愛があっていい。
こんな風に大勢の人達から見守られて、愛された子どもは
いい子に育つのだな、とつくづく思いました。

また別の作品も読みたくなったし、今まで読んだ重松清の作品も
読み返したくなってしまいました。



3月7日(木)14:38 | トラックバック(0) | コメント(0) | 趣味 | 管理

「そして生活はつづく」

   星野源(文春文庫)

ミュージシャンであり、俳優でもあり、文筆家でもある星野源のエッセイ。
色んな分野で活躍しながらも、日常生活の細々したこと(食事を作る、
掃除洗濯をするなど)が苦手で、過労で倒れたり、携帯電話の料金も
すぐに払い忘れるし、街を歩けば占い師の人に続けざまに声をかけられるほど
薄幸顔だったりするし、人付き合いが苦手で自分から知らない人に
話し掛けることができなかったりするけれど、「自分のやりたいことで
お金を稼ぐ」という信条は変わらず、一生懸命に生きてることが印象的でした。

ゲラゲラ笑いながら読める、楽しい内容なのですが、なんせ下ネタが多いので、
そのテのものが苦手な人にはオススメしません。

========

先日、バスに乗っていたら隣に座っていた若い女の子に話しかけられました。
オバサンが若い子に話しかける、ということはたまにある話ですが、
逆パターンは珍しいでしょう。
おまけにその女の子は、彼氏らしき男の子と一緒でしたから、
「よほどヒマだった」というのも考えられないし、考えられるとしたら
ただ単に人懐こい人か、あるいは私がその人にとって親世代なので
ちょっとしゃべってみたかっただけなのかもしれません。

しゃべってみたら、共通の話題が多くて、話が途切れることはありませんでした。
その子は今は大学生だけど、中学高校時代はバンドをやっていたそうです。
うちの息子達もバンドやってる、とか、兄弟や親のこととか、
受験をどうやって乗り越えたかなど、短い時間に色んな話をしてしまいました。

帰る時も奇遇にも同じバスで、私の隣の席が空いているのを見て、彼氏さんが
「お前は座ればいい。俺は立ってるから。」と言ってくれたので、
またおしゃべりできました。
その時、ふとその子がちょっと愚痴をこぼしたのです。
親とあまり仲良くないのだ、と。
「親子、仲いいですか?」と質問されたので、「今はわりといいけど、
長男が高校生の時、大学に行かない、と言い出した時はすごくもめたよ。
どこの家でも色々あるよね。」としか言えなかったけど、
今思えば、もう少し気の利いたことを言ってあげられたら良かったのかもしれません。

明日からは会うことのない他人だからこそ、ふと本音をもらしてしまうことが
あるのでしょう。

もう少し時間があったら。。。と思いつつも、
案外、

「あ~!気まぐれで話しかけたけど、おしゃべりなオバサンでまいっちゃった!
話しかけなきゃよかった!」と彼氏と話してたりして。。。


でも私は、あの子と話ができて楽しかったし、話しかけてもらって
嬉しかったよ



3月6日(水)17:40 | トラックバック(0) | コメント(0) | 趣味 | 管理

「ほかならぬ人へ」

   白石一文(祥伝社文庫)

資産家の御曹司として生まれながらも、宇津木明生は出来の良い兄達との違いを
幼い頃から感じていて、家柄を気にせず平凡な人生を歩もうとします。
キャバクラで知り合った「なずな」と結婚し、ごく普通の生活を夢見ていたのですが
なずなの裏切りにあい、混乱して衰弱していきます。
しかし常に行動を共にしていた上司の女性の辛い過去を知り、
彼女が発する、あることに惹かれ、自分を取り戻していくのです。

表題作の他に「かけがえのない人へ」というお話も収録されてます。
このふたつの作品には、やたらと変わった人が出てくるのですが、
変わっていながらも何故か憎めない、どこでもいそうな人に思えてくるのは
作者の筆力なのではないかと思いました。
ハッピーエンドではないのに、何故か読後にすっきりした気持ちになる
物語でした。

========

えっ!えっ!
もう3月なの?!

ど、どうしよう!!


そんな3月。
されど3月。



3月1日(金)16:01 | トラックバック(0) | コメント(0) | 趣味 | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 楽天市場
FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット